アルガンオイルのもつ多様性

subpage01

お肌が荒れて乾燥がなかなか止まらないとか、自分の肌なのに思うようにならないと思っている人はいませんか。



そんな悩みのある人におすすめしたいのがアルガンオイルです。確かにその成分の有効性から、ビタミンEやオメガ6といった必須脂肪酸が含まれていることも大きな魅力です。

アンチエイジングというテーマから見た場合、紛れもなくアルガンオイルはお肌を保護し老化を防いでくれます。

ブースター的役割もしかり、傷の修復もしかりボディだけでなく髪にも使える万能選手です。

@niftyニュースの新しい情報です。

しかし、それだけではないのがアルガンオイルのスゴイところです。



リラクゼーションの分野でも愛用者が多いのは、お肌のバリア機能をしっかり保つことにあります。

テクスチャーがサラッとしていて肌馴染みが良いので、保湿したあとにお肌がもっちりしてきます。


マッサージに使う場合なめらかですぐに吸収されるので、いつまでもベトベトした嫌な感じが残りません。


このアルガンオイルにはオレイン酸が47パーセントも含まれているので、皮脂が蒸発しにくく潤いがほど良く保たれます。


健康美に欠かせないリノール酸は31パーセント配合で「アラキドン酸」や「γ-リノレン酸」に変化する性質を持っています。
ビタミンAを安定化させてくれるパルチミン酸や、乳化作用を持つステアリン酸も含まれているのでバランスがいいのです。

特に原料の質にこだわった製品では、熱を加えないで有効成分がそのまま生きているようなタイプが無添加・天然100パーセントとされています。


乾燥肌でも敏感肌でも効果があり、抜け毛予防や髪のトリートメントとしても使用可能ですから、ボタニカル(植物)オイルのトップランナーとしておすすめです。